ブログ

スタッフブログ
BLOG

不動産についての豆知識NO.52(抵当権抹消について)

2022年11月07日

今週の不動産豆知識NO.52【抵当権抹消について】

 

毎週月曜日1回、不動産の有益情報をセンチュリー21配信のYoutubeにてお届けしております。

 

第52回目の今週のテーマは『抵当権抹消』についてです。

 

抵当権ってなに?

 

 

まず、はじめに抵当権とは、住宅などを建てる時に銀行からお金を借りた際、万が一支払いが出来なくなってしまった時のために備え、担保として土地や家屋を確保しておく権利のことです。

 

 

 

 

 

 

 

債権者(=銀行)債務者(=住宅ローン借入者)の所有する不動産に対して担保として設定されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅ローンを組む人にとって、住宅ローンの支払いは、途中よっぽどのことがないかぎり、いつかは支払いが完了します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、人生、何があるかわかりません・・

万が一支払いができなくなってしまう場合もありますよね・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その万が一のために、債務者(=住宅ローン借入者)がお金を返さないときに、不動産を代わりにとりあげるという権利でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抵当の対象とした不動産については、返済のためにその物件が競売にかけられた場合、抵当権者は他の債権者より先に弁済が受けられることになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

もしも、支払いが滞り、抵当権の対象とした不動産に競売がかけられた場合、この場合の抵当権者は銀行などの金融機関となりますので、競売にかけられた時に発生した金額は真っ先に金融機関への支払い分となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抵当権抹消とは?

 

 

 

さて、第二章に入ります。

 

抵当権抹消とは何でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産についている『抵当権』という担保を抹消する手続きのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常は住宅ローンの返済が終了したタイミングで行われることが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで気をつけていただきたいのは、抵当権は、住宅ローンを払い終わっても自動的に抹消されるわけではありません!

 

 

 

 

 

 

ローンを組んでいた所有者(=不動産の所有者)や代理人が『抵当権抹消』の手続きを行わなければいけません!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単にご説明しますと、抵当権抹消は、所有者(=不動産の所有者)と抵当権者(銀行など)が共同で行います。

 

 

 

 

 

 

 

『いつまでにしないといけない』という期限はありませんが、住宅ローンの完済が済んだら、できるだけ早く抵当権抹消を行いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅ローンを完済したのに、そのまま抵当権を抹消せずに放っておくと、『不動産が売却できない!』『住宅ローンの借り換えができない』など思いもよらない事態になってしまったり、その後の手続きなどの妨げになってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういう困った事態に陥らないためにも、抵当権抹消の手続きは忘れないように、住宅ローンを完済したらできるだけ早めに行いましょう。

 

 

 

 

 

 

ある日の🐱とA(宅建業者)との会話

 

🐱:抵当権抹消ってなに?
A:はい。ご説明いたします。
本来、住宅などを建てる時に銀行からお金を借りた際、万が一支払いが出来なくなってしまった時のために備え、担保として土地や家屋に抵当権を設定しますよね。

 

 

🐱:ええ。担保として抵当権を設定するわよね。
A:はい。長い人生、なにがあるかわかりません。その万が一に備えて土地や家屋に抵当権を設定しますが、その住宅ローンの支払いが完了したら、抵当権設定を抹消しないといけません。

 

 

🐱:住宅ローンを払い終わったら、抵当権って自動的に抹消されるの?
A:いいえ、気をつけていただきたいのは、抵当権は住宅ローンを払い終わっても自動的に抹消されるわけではありません。
ローンを組んでいた所有者の方や代理人が、抵当権者(銀行など)と共同で『抵当権抹消』の手続きを行わなければいけません。

 

 

🐱:いつまでにしないといけないの?期限ってあるの?
A:『いつまでにしないといけないという期限』はありませんが、住宅ローンの完済が済んだら、できるだけ早く抵当権抹消を行われたほうがいいと思います。
もしも、抵当権者抹消の手続きをしてなかったら、『不動産を売却できない』『住宅ローンの借り換えができない』など、思いもよらない事態になってしまったり、その後の手続きなどの妨げになってしまう場合があります。

 

 

🐱:そうなのね。住宅ローンを完済したら、できるだけ早く抵当権抹消手続きをした方がいいわね。
A:はい。おっしゃるとおりです。
思いもよらない事態になってしまうことを防ぐためにも、抵当権抹消の手続きを忘れないように住宅ローンを完済したらできるだけ早く抵当権抹消の手続きを行いましょう。

 

★詳しくはセンチュリー21youtubeをご覧下さい★

 

 

 

安佐南区・安佐北区の不動産売買のことなら、センチュリー21リベルテへご相談ください。

 

1:お手持ちの不動産売却をお考えの方

2:相続した物件の売却を検討されている方

3:買替えを検討されている方・・・ など

 

当社センチュリー21リベルテでは、豊富な売却・購入サポート経験のあるスタッフが

お客様のご状況とご要望を鑑み、満足のいくご提案をさせていただきます。

まずはセンチュリー21リベルテへお気軽にご相談ください。


経験豊富なスタッフが、細やかな対応をさせていただきます。

センチュリー21 リベルテでは、
マンション、戸建、土地などの不動産の売却や買取を行っております。
査定は無料でさせていただきます。
まずは、お客様のご予定やお悩みなど、お気軽にご相談ください。

不動産無料査定